【インスタ徹底解説vol.1】伸びているアカウントの特徴を観察しよう

title

目次

  1. 大前提としての「写真」の存在
  2. 学び型、共感型、巻き込み型
  3. 共通点は?

今更インスタグラム解説。ですが、、、インスタグラムとても大事なので連載として、徹底的にわかりやすくまとめていくことにしました。

私自身も、インスタグラムがスタートした最初からインスタグラムを始め、特に何も考えずに旅行の写真やグルメの写真を上げ続けていました。その当時は、まだそこまで「インスタ映え」と呼ばれるような社会現象も起きておらず、キレイな写真投稿を中心にインスタグラマーが育っている段階でした。

そこから大きなインスタブームが到来し、様々なジャンルでインスタグラマーが勃興しました(現在進行中でどんどん増えています)。

これまでの限定公開の投稿でもご紹介させて頂いているように、投稿の数がどんどん増えてきていることもあり、今からアカウントをしっかり伸ばしていこうと考えると、投稿戦略が明確に必要な時期に来ていると感じています。

そこで、このインスタグラム連載を通して、インスタグラムの理解をみなさんと深めていければと考えております。

本題に入る前に、2018年に私がサンフランシスコにあるインスタグラム本社にお邪魔した際の写真を、さりげない自慢げとして貼らせていただき、本題に入れればと思います。笑

可愛いアイコン
本社ビル。Facebookの子会社なのでFacebookの隣にあります。
オフィスにはおしゃれな写真がたくさん
なんか変な雲がありました

では、ここから本題です。

1. 大前提としての「写真」の存在

インスタグラムは、写真のメディア&SNSです。

ストーリや動画などの機能対応があったとしても、どこまでいってもインスタグラムは「写真」を中心に設計されたSNSです。

そこで「写真」で伝えたいことを伝えるということが必要になってきますし、より伝わりやすい写真であればあるほど好ましいです。

しかし、ここで勘違いしてはいけないことが「キレイな写真である」ことが伸びるための絶対条件か?と言えば全くそういうわけではありません。

では早速ですが、「写真」という切り口で伸びるアカウントの特徴を見ていきましょう。私の観測範囲となるので、もしお好きなアカウントとかあればぜひ教えてください!

2. 映え型、学び型、共感型、巻き込み型

instagramで伸びているアカウントの型を4つに分類しました。ここはあくまでも、投稿単体で面白いものを紹介するわけではなく、

アカウントとしての独自のコンセプトを持っており、伸びているものを紹介します。(芸能人などは参考にならないので省きます)

——- 以下は、スタンダードプラン会員限定となります。——

 

会員限定コンテンツ

この続きを読むにはスタンダードプランに加入するか、MOSHメールマガジンをお申し込みください。
会員の方はお伝えしたパスワードを下記に入力してください。

0 I like it
0 I don't like it

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *