オンラインジムが仕掛ける宅トレ革命。人気パーソナルスタジオの新しい挑戦

KEYFITさん

店舗営業の自粛要請や外出控えにより、フィットネスのあり方が変わる中で、ある人気スタジオがジム全体のオンライン化に挑戦しています。

今回は人気スタジオの「KEY FIT」さんに、パーソナルジムがオンライン化する狙いやメリットを伺いました。最後に、フィットネスジムがオンライン化するための方法もご紹介していきます。

リリース初日で100名超が入会。コロナ禍で求められるオンラインジムとは

ジムの運営自体が厳しくなる状況において、人気トレーナーが多数集うパーソナルスタジオ「KEY FIT」さんがオンラインジムを開始しました。
まずはそのサービス内容と、利用しているお客さんの感想をご紹介します。

オンラインジムのサービス内容

週2回のオンラインレッスン
Zoomを使ったオンライングループレッスンを行います。
レッスンは週2回、それぞれ60分行います。トレーニングで体作りを行いたい方はもちろん、運動不足を解消したい初心者の方でも気軽にご参加できます。

②毎週届く限定コンテンツ
会員向けに限定Facebookグループをご用意し、今までのレッスン動画のアーカイブやKEY FITトレーナーのコラムなど、ダイエット・ボディメイクに役立つコンテンツがすべて見放題となります。

③会員限定サロンでのレッスン時間外サポート
Facebookグループではトレーナーとのコメントでのやり取りも可能です。わからないことをトレーナーに相談しつつ、メンバー同士で励まし合いながら楽しくボディメイクを続けることができます。

入会後のお客さんの反応

オンラインでこそ生まれる価値を、日本中の家トレ派の方へ

KEY FIT代表の久野圭一さんに、オンラインジムだからこそできることや、今後の展望を伺いました。

オンラインジムだからこそ提供できる価値とは、どんなものなのでしょうか?

「実際にジムに行ってトレーニングすること、これに勝る体験はありません。オンラインでは画面越しにトレーナーが指導することになりますが、やはり細かい点が見えにくく実際の生の指導に比べると質は落ちます。

しかしそれは当然のことで、オンラインでリアルなジムと同じことをするからそうなります。我々はオンラインでのサービスをリアルのジムと全く違うものとして捉えています。

KEYFITオンラインジムではオンラインならではの機能をフル活用し、いくつかの側面で生の指導を上回るパフォーマンスを出せていると思います。それは以下4つの点です。

①レッスン時間外でのサポート
リアルなジムだとトレーニング中には指導を受けられても、ひとたびジムから出てしまえばサポートが受けられないことがあります。キレイな体を作るための食事指導、ストレッチ、生活習慣。ジムでの運動以外に必要なものは多いのです。KEYFITオンラインジムでは会員限定のコミニティを作り、会員の皆様の疑問にトレーナー陣が答えます。また役に立つコラムも定期発信しています。

②KEYFITオンラインレッスン
週に二回のオンラインレッスンで、一人でやるよりも効率的なトレーニングを提供します。その時間に出られなくてもアーカイブをアップロードしますのでその後に受ける事もできます。

③圧倒的コストパフォーマンス
レッスン、オンラインコミニティの参加、限定コラム全て付いて月3480円です。今は初月100名以上の方がたった1日でご入会されましたが、この価格のためほぼ利益ゼロです。しかし利益よりお客様に還元したいし、それが回り回って利益よりも大切なお客様との関係を構築していくことになると考えています。

④圧倒的時短
ジムでトレーニングするには何分時間を確保する必要があるでしょうか?準備して移動して着替えてトレーニングしてシャワー〜、、、少なくとも90〜120分くらいはかかるのではないでしょうか。KEYFITオンラインジムではトレーナーからお客様の姿は見えません。わざわざ着替えなくてもレッスンを受けられますし、終わったらそのままシャワー。移動時間もゼロ。これが続けやすいのです!」

今後こういうことをしていきたいなどの展望はありますか?

「今はこんな時期ですが、いつか会員さま限定の交流会などのリアルイベントなどをやってみたいです。こんな良いサービスをここまでの低価格でやっているという自信がありますので、更に大きくしていって日本中の家トレ派の方々が入会して下さるようなサービスにしたいです。」


フィットネスジムがオンライン化するための方法

最後に、今後もオンラインレッスンの需要が増していくのを見据え、フィットネスジムがオンライン化するための方法をご紹介します。

①サービス内容を決める
週1回~2回のオンラインレッスンで、月ごとや週ごとにテーマを変えて行うケースが多いです。毎月初めに、当月のレッスン内容を周知しておくとお客さんもサービス内容がイメージしやすくなります。

②レッスン受講システムを決める
Zoomなどのビデオツールを用いたウェビナー形式で配信するケースが多いですが、簡単に始めてみる場合は、インスタライブやYouTubeライブでの配信も可能です。
参加できなかった方や復習用に、録画したアーカイブ動画を後日共有するのもオススメです。

③会員専用グループを用意する
FacebookグループやLINEのグループチャットを使って、会員限定のコミュニティを作ってみましょう。
その限定グループ内で、②のアーカイブ動画を共有したり、会員からの質問を受け付けて回答したり、会員同士の交流の場として活用するケースも多いです。

④月額サブスクとして販売する
ジムの会員費として、毎月定額のサブスクとして販売しましょう。MOSHでは月額サブスク専用の販売ページが作成できるため、募集・決済・顧客管理を集約して行うことが可能です。


以上が、フィットネスジムがオンライン化するためにやるべき基本的な内容です。


MOSHでは、 情熱を持ったジムやスタジオをサポートし、今回のようなオンライン化の実現を多数支援しています。

フィットネスに限らず、もしご興味ある方は下記のLINE公式アカウントまでご連絡ください
いつでも質問や無料相談を受け付けております。

0 I like it
0 I don't like it

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *