海外在住でもふらっと寄れる!ヨガ指導者・柳本和也さんがオンラインレッスンを通じて変わったこと

kazuya2

新型コロナの影響はヨガ業界にも及んでいます。さまざまな課題がある中、オンラインレッスンによって活路を見出す事業者もいます。

今回は、ヨガインストラクターを務める柳本和也さんにインタビューを実施。

「オンラインレッスンには抵抗があった」という柳本さんが、レッスンを通じて感じた心境の変化とは…?

オンラインレッスンには抵抗があった。だけど……

ーーどのような経緯でオンラインレッスンを始めましたか

オンラインレッスンは、最初すごく抵抗がありました

すでにやられている方からメールをいただいたり、生徒さんから「やってほしい」との要望があっても、セッティングが全然わからない状況で……。ひと月ほどかけて部屋を整え、ようやく動けるようになりましたね。

ーー実際にやってみて、オンラインのメリット、デメリットはどのように感じましたか?

地方の方を含め、なかなか会えない方に画面上でも会えているような気持ちになれるところがよかったです。遠いところだと沖縄、北海道、ニュージーランド、台湾などからも参加していただいています。

また、子どもが産まれた生徒さんなど、リアルの現場には行きづらい方にとってもいいですよね。生徒さん側からしたら自由に退出できるのもメリットだと感じました。

デメリットは、細かい部分が見えづらいところですね。ヨガだと腹式呼吸になってるかどうか、背骨のどの位置が出ているかなどを確認するのが重要なのですが、オフラインに比べて確認しづらいのはデメリットです。

オンラインレッスンをはじめて、自分の押し付けがなくなった

ーーオンラインレッスンを始めて、ご自身の心境に変化はありましたか?

自分の押し付けがなくなりました。

これまで「参加者には自分が思う形になってほしい」と思っていたのですが、それがすっかりなくなって、硬い方もいれば柔らかい方もいると思えるようになりました。

ラジオ体操をやっている方々を見ていると、きちんと決まった型で動かなくても、ただ気持ちいいからやっているだけで、形にこだわりはないですよね。だから今は、寄り添うようなレッスンを心がけています。

その方たちの思うように使ってもらえたらいい、と感じるようになりました。

また、「率直に何でもやってみるもんやな」と思いましたね。自分には絶対無理だと思っていましたが、リアルのレッスンでは感じられない部分があり、裾野が広がりました。

オンラインレッスンを長く続けるために

ーーオンラインレッスンを長く続けるためのアドバイスはありますか?

まず、自宅にマンドゥカのどっしりとしたマットを敷くと、ナチュラルにヨガに入っていけるのでオススメです!

また、オンラインクラスはスタジオと環境が違うので、どうしても集中力が途切れる場面もあると思います。 お子さんが泣いてしまったり、突然宅配便が来たり……。

長時間やろうと思わず、まずは10分程度やってみるとか、気軽にやってみるといいと思いますよ。できない日もあるし、やる気の出ない日もある。続けることが大事なので、長い目で見ることが必要だと思います。

ーー今後オンラインレッスンを通じて叶えたいことはありますか?

今は大人数で動く、フローのクラスだけをやっていますが、今後は少人数のお茶の間のようなクラスをやってみたいですね。 友達に教えるような感覚で話しながら楽しくやっていきたいです。

ーー柳本さんのレッスンの受講を検討している方に対して一言あればお願いします!

ヨガは、ハードなクラスも多いので、ハードルが高く感じてしまうかもしれません。

僕のレッスンはいつでも抜けられるから、本当に気軽にヨガを始めるきっかけに自分が役立てればいいなぁと思っています。

ぜひ一度受けてみてください!

今回はヨガインストラクターの柳本和也さんにインタビューを行いました。
柳本さんのオンラインレッスンはこちらからお申し込みいただけます。

\スマホで完結、誰でもカンタン/  
MOSHなら予約受付や事前決済など
オンラインレッスン開催に必要な
あらゆる機能が無料で使える